スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016.11/15(Tue)

若葉の季節 ④

その日の午後は、忙しかった。

長官が、連邦政府との懇談会に出掛けて行ってしまうと、ユキは、休む間もなく次の日の会議の資料やら、そのまた次の会議の会場の手配やら、秘書としての仕事に追われて時間を過ごした。

結局、科学局に着いたのは、予定の時間を1時間も過ぎてからだった。

「ユキ!久しぶりだな。元気だったか?」

科学局のロビーでユキを出迎えてくれたのは、真田だった。
防衛軍本部のビルと隣接するエリアにある科学局も、真新しい建物の匂いがする。白い壁に囲まれたロビーは、吹き抜けの空間が遥か上方まで繋がって、その大きな穴を廊下が取り囲んでいる。

ユキはここに来る度に、この空へ向かって伸びる空間に、吸い込まれそうになるような気がする。

「すみません。遅くなってしまって。」
「ああ、いや、良いんだ。遅くなると連絡をもらったとき、こちらもちょうど取り込み中でね。1時間遅く来てくれて、好都合だったよ。」
真田は、科学局の中にある自分の研究室にユキを案内しながら、にこやかに話を続けた。
「長官から何か預かってきてくれたんだろう?」
「はい。この封筒を。」
ゆきは、長官からの書面を真田に手渡した。

研究室では、2、3人の若い研究員が、熱心に端末を見ながら話し合っている。ユキの姿をみると、みな一様に恥ずかしそうに、会釈をした。

「ユキ、コーヒーでいいかな?」
「あっ、お構いなく。」

真田は、ユキを研究室の奥まったところにある小さな休憩室に案内した。

「お忙しそうですね。」
「まあ、ぼちぼちだな。だが、これも嬉しい慌ただしさだよ。何しろ、地球は甦ったんだからな。その復興のために尽くせるのなら、どんなに忙しくったって、寝る間を惜しんで働くさ。」

真田は、嬉しそうに胸を張った。

「しかし、ユキ。きみも大変そうだな。古代はいないし・・・。」

わかってはいても、改めて言われると、寂しさが胸に込み上げてくる。
もう慣れっこになったと思っていても、こうしてときどき、ユキの心を冷たい風がユキ抜けるのだ。
ユキは、静かに目を伏せた。

「それはそうと、ユキ。この封筒の中身を知っているのか?」

ユキが真田に渡した封筒は、長官から直接預かってきたものの、その中身については、何も知らされていなかった。

「いいえ。ただ、これからの防衛軍の方向性にかかわる事だと・・・。」
「ふうむ。」

真田は、少し考えてから、ユキにここだけの話と断って話しはじめた。

「そうだな。これは、新造艦の企画書なんだよ。ヤマトに搭載されたあらゆる機能を、もっと改良して強力にしたものを装備する予定だ。ヤマトに比べると、オートメーション化も格段に進むだろう。」

「まあ。そんな計画が・・・。」

地球は、凄まじい勢いで復興を続けている。
しかし、それに比例して、地球防衛軍の軍備も拡張の一途をたどっている。

真田は、複雑な表情を浮かべて、腕を組んだ。
その様子に、ユキの心にも、説明のつかない不安がよぎった。

スポンサーサイト
23:25  |  イスカンダル 帰還後のお話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://kiokunomukou.blog99.fc2.com/tb.php/138-ba5974e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。