All Titlelist 【全記事一覧】
   ―俺たち、馬鹿だよな…。太田は、ユキの笑顔…続きを読む
▲PageTop
   太田は、鳴り止まない携帯を探して辺りを見…続きを読む
▲PageTop
   ―まったく…!島は、面白くない。久しぶりに…続きを読む
▲PageTop
   二人は丘を下りて、もと来た道を戻って行っ…続きを読む
▲PageTop
   「さあ・・・。なんでかな・・・。」ユキの…続きを読む
▲PageTop
   「本当に、帰らなくていいの?」気がつけば…続きを読む
▲PageTop
   英雄の丘から見下ろす街の灯りが、湾の形に…続きを読む
▲PageTop
   ユキは、相変わらず南部の半歩前を歩いてい…続きを読む
▲PageTop
   南部はあっという間にユキに追いついた。驚…続きを読む
▲PageTop
   夜の風は、冷たい空気を運んでくる。夜10…続きを読む
▲PageTop
   やっとの事で、ブラックタイガー隊の隊員た…続きを読む
▲PageTop
   部屋を出てから格納庫に着くまで、南部は一…続きを読む
▲PageTop
   太田は、黙って一歩前を歩く南部の後をつい…続きを読む
▲PageTop
   「まったく、面倒臭いなあ。」南部は吐き捨…続きを読む
▲PageTop
   太田は、いつにも増して早食いだった。南部…続きを読む
▲PageTop
   これで、何日になるだろうか。オクトパス原…続きを読む
▲PageTop
   防衛軍本部ビルの近くの新しい居酒屋で、懐…続きを読む
▲PageTop
   南部が防衛軍本部ビルの前に着いたのは、約…続きを読む
▲PageTop
   昼下がりの東京の街は、汗ばむ程の陽気だっ…続きを読む
▲PageTop
   その日の午後は、忙しかった。長官が、連邦…続きを読む
▲PageTop
   地球はまさに奇跡的な復興を遂げつつあった…続きを読む
▲PageTop
   「おはよう。」南部は、まだ腫れぼったい瞼…続きを読む
▲PageTop
   カーテンの隙間から差し込む日の光が、部屋…続きを読む
▲PageTop
   「おじい様の、秘書にしてください。」晶子…続きを読む
▲PageTop
   緩やかなブレーキの反動で、晶子は現実に引…続きを読む
▲PageTop
   南十字島から帰ってからは大騒ぎだった。両…続きを読む
▲PageTop
   11月にしては、暑すぎる毎日が続いていた。…続きを読む
▲PageTop
   こうして、ユキとの密やかな交流が始まった…続きを読む
▲PageTop
   そのあとのことは、よく覚えていない。ユキ…続きを読む
▲PageTop
   扉の向こうは、まさに、別世界だった。足早…続きを読む
▲PageTop
   はじまりは、偶然だった。半年前、暗黒星団…続きを読む
▲PageTop
   音もなく坂道を下っていく車の中で、晶子は…続きを読む
▲PageTop
   晶子は今日も一人、窓辺の椅子に座って、窓…続きを読む
▲PageTop
   土門が訳のわからないことを言っている。「…続きを読む
▲PageTop
   ヤマトは、激しい攻撃にさらされていた。依…続きを読む
▲PageTop
   古代と島が何か話しこんでいる。次の惑星探…続きを読む
▲PageTop
   ─近ごろ、おかしな事ばかりだ。太田は、変…続きを読む
▲PageTop
   「随分、良さそうだな。」古代は、ベッドの…続きを読む
▲PageTop
   南部は、一人、静寂の中にいた。ベッドに身…続きを読む
▲PageTop
   「エゴか・・・。」古代は相原の話を聞き終…続きを読む
▲PageTop
   相原は、サーバーから立ち上るコーヒーの香…続きを読む
▲PageTop
   南部は、ユキが行ってしまうと、病室の扉が…続きを読む
▲PageTop
   その頃、ユキは医務室にいた。南部のことが…続きを読む
▲PageTop
   南部が倒れてから、3日が過ぎようとしてい…続きを読む
▲PageTop
   すぐに、箝口令が敷かれた。単に、砲術長が…続きを読む
▲PageTop
   古代の足取りは重かった。医務室から第一艦…続きを読む
▲PageTop
   南部は、医務室の奥の部屋で眠っていた。吊…続きを読む
▲PageTop
   「艦長!」相原の声で、古代は我に帰った。…続きを読む
▲PageTop
   それは、突然始まった。─頭痛と目眩。ダゴ…続きを読む
▲PageTop
   「俺、才能があったんだなあ。射撃、火器の…続きを読む
▲PageTop
   南部は、ポツリ、ポツリ、呟くように、心に…続きを読む
▲PageTop
   「おい。そのくらいで止めとけよ。」「大丈…続きを読む
▲PageTop
   「相原、お前さあ、一人っ子だろう?子供の…続きを読む
▲PageTop
   南部の部屋は、士官クラスの居住区画の一番…続きを読む
▲PageTop
   南部は、珍しく、後方展望室の窓から、漆黒…続きを読む
▲PageTop
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。